無意識を意識化し、SQを発展させ、人生をより効果的に生きるために

一般社団法人アイアイ・アソシエイツ
コミュニティサロンiDOBATA 共催

2020新年創作の会

特別追加講演決定!!

2020年あなたは誰としてどう生きますか?

​その結果どんな人生を手に入れたいですか?

「超解釈サルトルの教え」の著者・堤久美子が   

哲学

心理学

脳科学

の区別から伝える

SQの智恵を使った、新しい生き方の提案です。

 SQの智恵とは、精神性(Spiritual)・魂性(Soul)の智恵。

21世紀を生きる私たちには、欠かせない智恵でもあります。
 

そのSQ実践の2年目を迎えた2020年。

元号も「令和」となり、初めての新年を迎えました。

2020年は、よりスピリチュアルな年になると言われています。

ではスピリチュアルとは何でしょう?
それは「目に見えない智恵・目に見えない力」と訳すこともできます。

 

この目に見えない智恵を人に例えて表現するなら、「美」です。
 

2020年は美しさを実践する年。

人は誰しも、美しいもの、美しい景色、美しい人に、魅力を感じるのではないでしょうか?
 

2020年は、あなたにとっての「美しい生き方」を可能にする年です!


そして、その美しさは「きらびやかさ」とは少し違うようです。
それが子年の特徴でもあります。

子年の「美しい生き方」とは?
私たちはこの1年をどう生きたら、より自分らしく生きられるのでしょう?

「新年創作の会」は、何をする会なの?

「新年創作の会」は、文字どおり、新しい年を「創作」する会です。

では「創作」とは一体何でしょう?

​何かすごいことをしなくてはいけないの?と思うかもしれません。

「創作」を辞書で引くと・・・

・新しいものをつくり出すこと。

・文学・絵画などの芸術を独創的につくりだすこと。

・つくりごと。うそ。

と書かれています。

​そう、創作とはある意味、「つくりごと」「うそ」

いわば「でっちあげ」とも言われています。

2020年の自分を、好きなように「でっちあげ」て、そこから生きてみる。​

これが不思議なことに、自分の枠を超え、驚くような結果がついてきます!

​爪の先ほどに少ない、自分の" 意識 "で決めた「計画」ではなく

広大な無意識の力を借りて「創作」し、そこから生きる。

 

2020年は、そんなAmazingな生き方を試してみませんか?

新年創作の会では、まず、2020年がどんな年になるかの「テーマ」を、「超解釈サルトルの教え」の著者でもあり、一般社団法人アイアイ・アソシエイツ理事長​  堤久美子がお話いたします。

そのテーマを受けて、参加の皆様がご自身の一年を創作する、という流れになります。

2011年に、十数人で始まったと言われるこの新年創作の会も、

昨年2019年は、1,052名の方との創作を可能にしました。
 

​毎年人が増え続けているのは、先詠み人である堤久美子の予見が当たっているから...

とも言われています。

さらに、今年のテーマを聞いてからの「創作の時間」が​、他ではできない体験の時間です。

「新年創作の会がどんな会になるの?」「参加したらどうなるの?」
ぜひ動画をご覧ください。

人生は「創作」しなければ、何もない

私たちは、毎日を「ある」ように生きています。

けれども実は、創作しなければ何もありません。

別の言い方をすると、自分で創作した人生を送らなければ、

誰かが作った無意識の器で生きることになります。

それは、自分の人生のハンドルを握らず​に、誰かに何かに、委ねて生きているようなもの。

2020年新年創作の会では、本当の意味で自分の人生のハンドルを自分が握る。
​そんな生き方を見つけてください。

​あなたにとっての、新しい世界が見えてくるでしょう。

物事の達成は聞き耳の数に比例する

さて、私たちは普段から、自分だけで目標を立てて頑張るよりも
チームでやっていくことで達成が早くなる事を知っています。

 

実はそれ、たくさんの耳に聞いてもらうことと関係がある、とのこと。

ご存知でしたか?

 

たくさんの耳がある場を使うと

より早く、より確実に、そしてより大きく達成する、のです。

 

「2020年新年創作の会」は、大きな会場で開催いたしました。

1月18日(土) 東京会場は、289名の参加(578個の耳)
1月26日(日)大阪会場は、148名の参加(296個の耳)

2月2日(日)愛知会場は、295名の参加(590個の耳)

そして「もう一度聞きたい」「大切な人にも聞かせたい!」という
ご要望により、追加講演が決定しました!

 ​
4月18日(土)五反田コルソにて「特別追加講演」決定!
 


  
さらに、チームや家族で一緒に創作してみると効果が倍増した!

とのご感想もいただいております。

 

ぜひチームで、会社で、ご家族で、お近くの会場へ参加してださい。


2020年のテーマを知りこの1年をどう生きるか!?の創作の会。

来年はなんと2020年代の幕開けでもあり、この先10年の創作にも入ります。
  
そして、令和も2年。


2が続きます。

繋がり、架け橋、統合、調和、両極を持つ・・・そんな2の年。
  
大きなエネルギーの場で
素晴らしい新年を創作いたしましょう!

      講師  堤 久美子

一般社団法人アイアイ・アソシエイツ理事長

ソウルリレーションデザイナー・家族関係心理士

 

哲学・心理学・医学の師の下、多岐にわたり教育を受ける。15年間学んだ後独立し、2005年、現社長の伊藤裕子氏と株式会社アイプラスを設立。個人向け、企業向けの教育の分野に携わり、また家庭関係心理士として不登校の子ども達の為にフリースクールにも関与するなど幅広く活動。2009 年より、日本の調和した愛と内なる平和を源とした、個人の天才性を発揮する教育プログラム『アイアイ講座』を提供。2015 年には「一般社団法人アイアイ・アソシエイツ」を立ち上げ、現在は120 万人「個の発展」をヴィジョンに掲げ「全国行脚」を展開中。2018年7月に『超解釈サルトルの教え』を出版。2019年7月には韓国でも出版され、総発行部数は10,000部を超える。アソシエイツ会員は3,600名を超え、講座・講演・セミナーの参加者は延べ2万人を超える。

​日韓合わせて1万部突破

『超解釈 サルトルの教え』

人類最強の哲学者に学ぶ

「自分の本質」のつくり方
 

著者:堤久美子 
発行:光文社


全国書店

Amazonにて発売中

『責任はどのように生活を成長させるか』

~行動する哲学者サルトルに学ぶ人生の教訓~


堤久美子(著)
ジョン・ギョンア(訳)

発行:ダブルブック社

ご感想をいただいています。

テーマに関する部分は伏せ字にさせていただいております。

​2020年のテーマを聞いて、かっこいい!日本人でよかった!と思いました。今日のお話から、今年、自分が誰として、どう生きるのか?を具体的に決めることができました。この一年がリアルになったし、自分のやるべきことが見えた。具体的計画を立ててコツコツやっていきます。今年の12月が楽しみです。

(20代 男性 会社員)
 

新年創作の会は毎年参加しているけど、今年のワードは、しびれました。

深くて趣のある言葉だなと思います。日本人なら、そう生きたいです!

 

(30代、女性、自営業)
 

​講演会では、わからない言葉がいっぱい出てきましたが、これが哲学なのか!と思いながら聞いていた。楽しいですね。今年のテーマは納得!自分も「●●」で生きると決めました!!これは日本人にとってすごくリアルだし、原点回帰になります。そしてオリンピックイヤーに相応しい・・・。

新しい観点をいただきました。ここから生きてみます!事業の成功するポイントもわかりました。実践します。


(40代 男性 自営業)
 

アイアイの「仲間たち」という言葉に惹かれました。「コミュニティが大事だ」と最近よく耳にするワードですが、10年も前からその考え方でやっていたというのがすごい。●●から生きてみようと思います。Be Do Haveの話も面白かったです!会社で活かせると思います。企業研修もあると聞いていますので、今度話を聞きたい。

​(40代 女性 会社役員)

 

久美子さんの話は何回か聞いています。2020年を「創作する」ということが初めてわかった。創作すると向こうからやってくるというのがとても面白かった。学校にも来てくれると聞いたので、高校にも来て欲しい!

​(10代 女性 高校生)

 

2020年新年創作の会に参加しました。

テーマを聞いて、ぱっと頭に思い浮かんだことばは、年末に自分で決めたテーマと全く同じワードでした!身体に鳥肌が立ち、「うぉー!!!今年はやっぱりこれか!!!!」と、2020年の自分を確信しました!素晴らしい会をありがとうございました。今年もパワフルに生きます!

​(40代 男性 会社経営)

 

参加できてとても良かったです。「自分の●の中で●を生きる」何となく抽象的で難解に感じてしまったけれども、途中、質疑応答の中で同じように抽象的でむずかしいと質問した方への久美子さんの回答を聞いて、「あ、そういうことか!」と。素晴らしい考え方だなと思いました。

 

私は早く自分が今いる引きこもり状態という枠を外さなくては、という事ばかり焦って考えていたので、「そうじゃないんだ」という事に気づかされました。結果的に創作活動もまた楽しく始められております。家族との関係もこれからまた良くなってくるような感じがしています。母と何かというと、「●だね●だね。」って話つつ、自分たちで楽しい一年にしていきたいです。本当に素晴らしい会に参加できて感謝です!

​(40代 女性)

 

毎年楽しみにしている新年創作の会!今年はねずみ年、十二支の始まり、そして、「美しい生き方」が可能になる!と、とても楽しみに参加しました。

ねずみ色の話がとても興味深く、「良いも悪いもない」すべて混ぜ合わせた自分が、切羽詰まった環境で「●●」に生きる!

なんでもやってみて、自信のある自分になる!イキイキと生きている自分を創作しました。

一年は、新年創作の会で始まる!今年も「●」を創作して、自分らしくを探求します。

​(50代 女性 会社員)

 

そう来たか〜〜!
その言葉か〜〜!
それを聴いて、ワクワクしました。
今年は「●」に生きて「●」に創作して行きます!

(60代  女性 会社員&個人事業主)

●の中で一生懸命に生きていれば、●を超える出来事が向こうからやって来るというのを聞き、きっとそうなんだろうなぁと、ほわっと理解しました。もっとこうだったら、ああだったら、ではなく、今やることをやろう。と思います。

(40代  女性  自営業)

東京会場に参加して、まず、久美子さんの創作の深さをとても感じました!

「心から、心を込めて」なんて、表現が浅すぎて何と言ったらいいかわからない位感動しました!

魂に感じました!日本古来というか、私たちのルーツの繋がりを感じた会です。

10年分と聞いて、どんなだろうと思っていましたが、

理屈ではなく、すごーく感じた新年創作の会です!

とっても素敵な時間の新年創作の会を、大切な人と参加をすると、もっといいだろうなあと感じながらまた誰かを誘おうと思いました。

​(50代 女性 自営業)

 

associates.jpg
 
 

第122回コミュニティサロンiDOBATA本店 

第27回 コミュニティサロンiDOBATA埼玉支店 共催

新年創作の会特別追加講演 in五反田コルソ

日時2020年4月18日(土)13:30〜16:30(開場13:00)

会場五反田コルソ

 東京都品川区西五反田8-1-13 タケウチビル2階
  https://goo.gl/maps/tKZMPvNdWpeLvHtY7
JR、地下鉄浅草線 五反田駅から徒歩10分


参加費
大人会員3,300円・大人非会員4,400円
子供会員1,650円、子供非会員2,750円
(お茶菓子付き)

 
【お振込み先】
ゆうちょ銀行
記号:10140
番号:99771941
口座名義:シーエスイドバタ(カ)サイタマシテン
 
ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振込
店名:〇一八(ゼロイチハチ)
店番:018
普通預金:9977194
口座名義:シーエスイドバタ(カ)サイタマシテン


【お申し込みフォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/06928126654273
 

【キャンセルポリシー】
お申し込みが完了した時点で参加費が発生いたします。万が一、ご参加いただけない場合でも参加費はお支払いください。また、お支払いいただきました参加費は、ご返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
 

【お問い合わせ先】

コミュニティサロンiDOBATA本店事務局
csidobata.tokyo@gmail.com 

コミュニティサロンiDOBATA埼玉支店
csidobata.saitama@gmail.com

 

質問タイムあり!